両腕失った卓球選手「イブラヒム・ハマト」がすごい!

スポーツ

両腕失った卓球選手「イブラヒム・ハマト」がすごい!

イブラヒム・ハマト選手、彼は10歳の時に事故で腕をなくしてしまっているのです。しかし、卓球が好きだった彼はその事故から3年後、再び卓球を始めます。最初は脇でラケットを抑えてやってみますがうまくいかなかったそうです。その後、試行錯誤の末、口にラケットを加えてプレイする方法にたどりつきます。

ここから彼はさらに相当な努力をしたのだと推察できます。腕が無くラケットを口にくわえてプレーしているということを忘れさせる切れのあるスマッシュやラリーなど、とても素人では太刀打ちできないレベルです。

出典 http://twdoga.net

イブラヒム・ハマト 卓球動画

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ